遅漏だが風俗嬢の妙技に完敗

時々でも十分に楽しいのが風俗です

時々だけであっても十分に楽しめるのもまた、風俗の魅力なんじゃないのかなって思っていますので、定期的に遊ぼうって力むのではなく、自分の好きなように遊んでいますね。間が空いてしまう時もありますが、忙しいのもありますけど他に得に理由もなく、何となく間が空いてしまうような時もありますけど、風俗で遊ぶのに理由は別に問われていないというか、どういった形で遊ぶにしても何もないじゃないですか(笑)受付で「何で今日来たんですか」と聞かれるようなことは有り得ません(笑)遊びたい時に遊ぶ。それが出来るのも風俗だと思いますので、あんまり深く考えず、かといって遊ぶ時にはとことん。このバランスが上手く取れるのもまた、風俗の魅力でもあるんじゃないのかなって思うんですよ。だから男の娯楽としては最高レベルなんじゃないですかね(笑)特にスキルが求められるとかではないんです。女の子との時間をこれ以上ないだろうってくらい気軽に楽しめるのは本当にありがたいですよ。

指名に応えてくれましたよ

彼女はこちらの指名に応えてくれましたね。風俗出は指名は半ば当たり前と言うか、気にいったからと言うよりはフリーで誰が来るのか分からないよりは指名しておこうって気持ちの方が強いと思うんですよ。指名料はチップ代わりという考え方だって出来ますしね。でも、指名したから楽しめるかと言うと、それもまた微妙に話が変わってくるじゃないですか(笑)でも彼女はこちらの指名に応えてくれるかのように、一生懸命尽くしてくれました。上手でしたがそれ以上に彼女の懸命な奉仕に心を奪われましたね。だからか、彼女は最後の方が汗ばんでいました。紙も少し濡れたからなのかパサパサになっていましたし、体もちょっと熱を帯びていました。それだけ頑張ったからこそってことですよね。そんな姿を見せられたら、やっぱり嬉しいものじゃないですか(笑)だって他でもない、自分のために頑張ってくれているんです。こういった気持ちを味わえるのもまた、風俗だからこそですね。