遅漏だが風俗嬢の妙技に完敗

だから風俗で遊ぶことが大切なんです

仕事だけの人生が良いのか悪いのかは分かりませんけど、偏ってしまうのは事実ですよね。時には息抜きも大切だと思うんですけど、どうやって息抜きをすれば良いのか分からないって人も多いんじゃないのかなって思うんです。自分もそうでした。別に仕事一筋に生きたい訳じゃないんです。でも、仕事以外特に何も思い浮かばないとあって、結局仕事だけの人生になってしまっていたんですけど、そんな自分にふと希望が湧いたんです。それが風俗なんですよ(笑)先輩に連れて行ってもらったのがきっかけだったんですけど、それ以来自分でも興味を持つようになりました。出勤時の電車の中でもポータルサイトを見て何か良い情報が無いのかなと模索したり、満員で周囲に見られるのが恥ずかしいなって時には風俗嬢のブログを見ています(笑)ブログであればさすがにパっと見ただけで誰が書いているブログなのかは分からないので、仮に多少スマートフォンの画面を見られることになったとしても特に問題はないかなって(笑)

色白だとイマジネーションが…

色白の風俗嬢を相手にすると、自分のイマジネーションが膨らむのが分かるんです。何でここまでイマジネーションを刺激されるんだろう…みたいな(笑)色白の風俗嬢を相手にした時だけ、「彼氏はいるのかな」「普段彼氏と何をしているんだろう」「初体験はどんな相手だったんだろう」といったように、他の風俗嬢を相手にしている時には特に連想しないようなことまで考えちゃうんですよね。色白ボディが自分の何かを刺激してくれるってことだと思うんですけど、自分でも不思議で仕方がないんですよ(笑)別にそこまで色白フェチって訳じゃないんです。肌の色なんて何色でも関係ないだろうって思いがあるんですけど、色白の時だけはやたらと自分のイマジネーションが膨らんで、それによって興奮してプレイも熱を帯びてくるんですよね。なんでそんなことになっているのかは自分でも良く分からないんですけど、とりあえず色白にすると頭の中がいろいろと忙しいことだけは事実です(笑)